トレーラーハウスのメリット

住宅や店舗を建てるよりトレーラーハウスなら遥かに低コストでリーズナブル!
トレーラーハウスは「車両扱い」となり、様々なメリットがあります。(条件等による)「市街化調整区域」にも合法的に設置できる建物です。
つまり、建物が建てられない土地にも置くことができるということです。
トレーラーハウスは一定の設置要件を満たすことで車両扱いとなり、建築基準法の適用を受けません。
市街化調整区域へも出店できるため、立地計画の幅が広がります。駐車場を広く取ったり、ウッドデッキなどを設置することも可能です。
市街化調整区域ならではの広い土地を有効活用できることは魅力です。
また、建築確認や基礎工事の必要もないので、大幅なコストダウンが期待できます。
トレーラーハウスの最大の特徴は移動できること。
したがって借地にも置くことができます。土地を返却することになった時にはトレーラーハウスだけを別の土地へ移動すれば良いのです。
その際にはトレーラーハウスの内装などは、取り壊す必要がなくそのまま移動できて便利です。
では、万が一、不要になっ場合はどうでしょう?
普通の住宅と同じように中古販売が可能です。取り壊したり廃棄の心配もありません。

固定資産税や不動産所得税不要
トレーラーハウスは不動産ではありません。
動産です。そのため「車両扱い」となり固定資産税、不動産所得税が掛かりません。

※車検付きのトレーラーハウスは取得時に自動車税、重量税、自動車取得税がかかります。
※自治体により、法律が異ななります。あらかじめ弊社で確認させて頂きます。
※自治体により、減価償却税がかかる場合がございます。